障害年金

障害年金 障害年金の受給要件 1

要件1:公的年金への加入

障害年金には「障害基礎年金」(国民年金)「障害厚生年金」(厚生年金)「障害共済年金」(共済年金)の3つがあり、障害の原因となった病気で初めて病院を受診した日(初診日)に加入していた年金制度によって、受給する障害年金の種類が異なります。
また、厚生年金・共済年金の被保険者は、自動的に国民年金の被保険者にもなるため、障害等級が1・2級であれば障害基礎年金も併せて受給することができます。(表参照)

1,2級の場合 障害基礎年金 障害厚生年金 障害共済年金
国民年金 受給可能    
厚生年金 受給可能 受給可能  
共済年金 受給可能   受給可能

障害基礎年金 国民年金

障害等級 1級 2級 (障害基礎年金は2級までしかない)

  1. 国民年金に加入している間に初診日があること
    20歳前や、60歳以上65歳未満(年金に加入していない期間)で、日本国内に住んでいる間に初診日があるときも含みます。
  2. 一定の障害の状態にあること
    障害認定日(※)(または20歳前に初診日がある時は、20歳に達したとき)に障害の程度が1級または2級のいずれかの状態にあるとき
  3. 保険料納付要件
    初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。
    • (1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
    • (2)初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

障害厚生年金 厚生年金

障害等級 1級 2級 3級

  1. 厚生年金に加入している間に初診日があること
  2. 一定の障害の状態にあること
    厚生年金に加入している期間に初診日のある傷病により、障害認定日(※)に障害の程度が1級~3級までの障害の状態にあるとき。
  3. 保険料納付要件
    初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。
    • (1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
    • (2)初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

障害共済年金 共済年金

障害等級 1級 2級 3級

  1. 共済年金に加入している間に初診日があること
  2. 一定の障害の状態にあること
    共済組合員に加入している期間に初診日のある傷病により、障害認定日(※)に障害の程度が1級~3級までの障害の状態にあるとき。

※障害認定日とは?

障害の程度を定める日のことで、その障害の原因となった傷病についての初診日から起算して、1年6か月を経過した日、または1年6か月以内にその病症が治った場合(症状が固定したとき)はその日をいいます。