障害年金

障害年金 障害年金の受給要件 2

要件2:一定の障害状態にあること

各年金によって、障害状態の認定は次の様に定められています。

障害基礎年金

障害認定日(※)(または20歳前に初診日がある時は、20歳に達したとき)に障害の程度が1級または2級のいずれかの状態にあるとき

厚生厚生年金・障害共済年金

厚生年金・共済組合員に加入している期間に初診日のある傷病により、障害認定日(※)に障害の程度が1級~3級までの障害の状態にあるとき。

また、障害認定日に3級以上に該当しなかった方が、同一傷病により、その後65歳に達する日の前日までの間に3級以上に該当したときも請求可能です。

障害年金を受給する為に必要な障害認定は、基準となる「障害認定基準」によって、細かく定められています。この「障害認定基準」を満たしていないと、障害年金を受給できないので、よく確認しておくことが必要です。また、この基準は他の障害者制度の基準とは異なるので、障害者手帳をお持ちの方でも改めて認定を受ける必要があります。

※障害認定日とは?

障害の程度を定める日のことで、その障害の原因となった傷病についての初診日から起算して、1年6か月を経過した日、または1年6か月以内にその病症が治った場合(症状が固定したとき)はその日をいいます。

※症状が固定したときとは?

症状が固定したと判断できる例として、 次のようなものがあります。
  • 人工弁・ペースメーカーなどを装着した日
  • 人工透析を開始して3か月を経過した日
  • 上・下肢の切断または離断した日
  • 人工骨頭または人工関節をそう入置換した日
  • 人工肛門、人工膀胱または尿路変更術を施した日
  • …など
(上記はすべて障害年金の受給が可能です)