障害年金

障害年金 障害年金 受給事例

障害年金は、10人いれば10通り。
同じような症状でも等級が変わったり、受給できなくなったりもします。
また、厚生年金と国民年金の加入の違いだけでも、もらえる金額は大きく変わってきます。

ここでは、過去に障害年金を受給できた事例をご紹介しています。

●うつ病や統合失調症などの「こころの疾患」
●人工透析や糖尿病性腎臓病などの「腎疾患」
●白内障や網膜剥離などの「目の疾患」
●脳梗塞やくも膜下出血などの「脳疾患」
●心筋梗塞や狭心症などの「心疾患」
●悪性リンパ腫や肺がんなどの「がん」
●人工関節や人工関節などの「肢体の障がい」

同じような病気でお悩みの方がいらっしゃれば、申請の際に参考にしていただければと思います。